メタボ

メタボリックシンドロームは、現代人にとって避けては通れない健康問題の一つと言えます。特定健診制度の適応が始まり、少しでもメタボ状態を解消することは全国民に課せられた義務と言えます。
このサイトでは発生する病気や身体への影響、予防対策などメタボリックシンドロームについて解説していきます。

メタボの原因となるもの

メタボの原因となるもの
タバコなどの嗜好品やストレスはメタボの原因となる?
原因を知って対策しましょう。

メタボ予備軍診断!

メタボ予備軍診断!
あなたは大丈夫ですか?
チェックシートでかんたんメタボ診断!

メタボリックシンドロームよ、さようなら!症状・予防・改善の全て

メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)は、21世紀に入って注目されている健康問題です。

メタボリンクシンドロームは肥満と合わせて生活習慣病を引き起こすリスクファクターを伴うもので、大きな健康被害を引き起こす恐れがあります。

そのため、政府主導での健康診査と予防・解消が進められています。

メタボリックシンドロームとの定義

一般に「メタボ」と呼ばれるメタボリックシンドロームはただの肥満と混同されることがほとんどです。

そのため、健康的に問題のない軽度肥満の人もメタボ肥満の人と明確に区別されることなくダイエットを強要されるケースが後を立ちません。

メタボリックシンドロームは「高血圧」「高脂血症」「高血糖」の内2つを合併した「内臓脂肪型肥満」であると、医学的に定義されています。
ただ太っているだけではメタボではないのです。

健康に与える影響

メタボは直訳すると「代謝症候群」という意味を持ち、脂肪などの細胞が必要とするエネルギーの充分な消費が行われていないために起こっている疾患であると考えられます。

肥満に加え、様々な病気の原因となる高血圧・高脂血症・高血糖を伴っているため糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病や、心筋梗塞・脳梗塞などの合併症に発展する危険性を強く持っているのです。

周囲への影響

メタボリックシンドロームは内臓脂肪型の肥満を前提とするため、胴回りが太くなる体型になっている場合がほとんどです。
そのため、男女問わず見た目で損をすることが多くなってしまいます。

また、高血圧や高脂血症などで健康状態もあまりよくないため学校や会社でミスをしたり、治療通院でスケジュールに穴を開けてしまったりと周囲に迷惑を掛けることもしばしばです。

メタボの怖さ

メタボリックシンドロームを発症するということは「病気のデパート」になると言うことであると言えます。

高血圧・高脂血症は血管の病気を引き起こし脳や心臓にも悪影響を及ぼしてしまいます。高血糖は糖尿病の原因となり、身体の各部を損傷させてしまいます。

このように健康を害し、最悪の場合命に関わる症状を持っていることこそがメタボの本当の怖さであると言えます。
放置しておくと最悪の結果が訪れるのが早まるだけなのです。

継続の難しさ

メタボリックシンドロームは、食事制限とダイエットを行い適正体重に落とすことが有効です。
しかし、多くのダイエット法は短期間で効果が発揮されることはほとんどありません。

そのため、メタボ治療は半年から1年単位の長期的なスケジュールが必要になります。
このように治療期間が長く効果が現れるのが遅いことが、メタボ対策の難しさそのものとなっています。

目に見える効果が薄いため継続の為のモチベーションが上がらず、途中で放り出す人も少なくないのです。