高血圧

消化器官から栄養を受け取った血液は、心臓のポンプ作用によって全身に酸素と栄養を送り届けています。
しかし、心臓が血液を送り出す力が強すぎると血管の内部が破損して、病気の原因になってしまいます。
高血圧によって引きこされる病気、高血圧の原因と治療などについて解説していきます。

高血圧は万病の元〜何が危ない・何をもたらす

心臓が血液を全身に送り出す圧力の強さを示す血圧は、低すぎても高すぎてもいけないものです。
特に高血圧は様々な病気の原因になりやすい生活習慣病の一つでもあります。

血圧とは?

血圧は「心臓によって血液が送り出されるときの動脈での圧力」のことで、単位は水銀柱ミリメートル(mmHg)で表されます。

血圧には、送り出す為に血管が連動して収縮する「収縮期血圧」と、送り出した後に再び血液を蓄えるために血管が拡張する「拡張期血圧」の二種類があります。

一般的には収縮期血圧が「(血圧の)上」、拡張期血圧が「(血圧の)下」と呼ばれます。
なお血圧の標準は上が130mmHg未満、下が85mmHg未満と定められています。

高血圧と低血圧

血圧が標準よりも高い状態を高血圧、低い状態を低血圧といいます。
高血圧は上が140mmHg以上、下が90mmHg以上になっている場合を言います。

これに対して低血圧には医学的な定義が定まっておらず、血圧が標準以下であった場合に体調を見て判断されます。

低血圧の場合倦怠感や頭痛・めまい・吐き気などの日常生活に支障をきたす性質の症状が現れます。

高血圧の原因

高血圧は様々な原因で発生する為、生活内容に気をつけていても発症してしまうことがあります。
中でも本態性高血圧症は原因が未だ特定されておらず、生活内容などと関係なく発症する性質を持っています。

日本人の場合は、塩分過多の食生活が高血圧の原因になっていると考えられています。

ただし、塩分が原因で高血圧になる場合は電解質の調整を行う身体のシステムに異常が起こっている可能性があります。

高血圧の合併症

高血圧を患うと、脳血管障害や心臓の病気の発病リスクが急上昇します。
これは、血管の内部が血流で傷つくことで動脈硬化の原因となるアテローム(粥腫)を発生させる為です。

アテロームが出来た血管は血液を滞留させやすくなり、血の塊である血栓を起こしやすくなります。
この血栓が心臓や脳の血管に飛ぶと血液を塞き止めてしまうのです。

また脳や心臓以外の部位では、腎臓や眼球が血圧で毛細血管が傷つけられて機能を低下させるといった合併症が見られます。

治療・改善について

高血圧の治療では、降圧薬の投与による薬物療法や一日あたりの摂取量を6g以下に抑える塩分制限を行う食事療法が行なわれます。

また、禁酒・禁煙などの生活改善やトイレでのいきみを控えるといった生活習慣の注意も高血圧の改善に有効です。

薬物治療では、持病の有無や薬剤の有効性を鑑みた慎重な投与が必要となります。

薬物療法では降圧作用と利尿作用を併せ持つ降圧利尿薬が処方されることが多いので、トイレが近くなると言うデメリットがあります。

メタボの定義三大要素について、さらに詳しく読みたい