高脂血症

現代の健康食品ブームにおいて重視される要素の一つに「血液をサラサラにする」というものがあります。
ドロドロの血液は動脈硬化を起こしやすい、という理屈に添った要素ですが、血液がドロドロの状態である高脂血症とはどのような疾患なのでしょうか?
原因や治療法などについて紹介していきます。

血液をドロドロにする? 高脂血症の予防と治療

血液の流れは、全身に新鮮な酸素と栄養を供給していく為に必要不可欠なものです。
しかし、血液そのものに不純物が多く混じると血流がスムーズに通らなくなり血管のあちこちに不具合を起こしてしまいます。

血流の不具合を引き起こす高脂血症とはどのような疾患なのでしょうか。

高脂血症とは

高脂血症は、血液中のコレステロールの濃度が標準値よりも高まっていることで起こる疾患です。

高脂血症を患うと、血管の内部にコレステロールが溜まって血管が細くなり、血流が阻害されやすくなります。

これによって動脈硬化の発病リスクが高まり血栓による脳梗塞・心筋梗塞などの合併症が起こりやすくなるのです。

コレステロールとは

コレステロールは食物に含まれる脂質の一つで、化学的にはステロイドの一種に分類される有機化合物です。

体内でのコレステロールは、細胞を包む細胞膜の原料として活用され新陳代謝のためには欠かせない物質となっています。

しかし、血中のコレステロールが老化物質と言われる活性酸素と化合すると身体に悪影響を与える過酸化物質に変化してしまいます。

善玉と悪玉

コレステロールは、内包するリポ蛋白の密度によって「悪玉」と「善玉」に分類されます。

悪玉コレステロールは低密度リポ蛋白群(Low density lipoprotein cholesterol:LDL)と呼ばれ、善玉コレステロールは高密度リポ蛋白群(High density lipoprotein cholesterol:HDL)と呼ばれます。

善玉コレステロールは、血中濃度が高くても身体に良いことがわかっています。

高脂血症が身体に悪いわけ

悪玉コレステロールによる高脂血症は、動脈硬化の危険性を高めてしまいます。

活性酸素で壊れたコレステロールは、マクロファージと呼ばれる体内の掃除機構によって排除されますが、コレステロールを取り込んだマクロファージはアテロームと呼ばれる血管を詰まらせる物質に変化してしまう性質があるのです。

アテロームが蓄積された血管は内部が狭くなり血流を悪化させてしまいます。

コレステロールと痛風

かつて「贅沢病」といわれた痛風は、血液中の尿酸が結晶化するほどの濃度に達することで起こる生活習慣病です。

痛風はプリン体を多く含む食事を原因の一つとしており、プリン体を多く含む食事は高脂血症の原因にもなるのです。

高脂血症と痛風は一見すると関係が無いように見えますが、節制を欠いた食生活を原因とする一点で結ばれていると言えるのです。

高脂血症の予防・治療

高脂血症は、悪玉コレステロールの量を減らし善玉コレステロールを増やすことが予防と治療の目的となります。

有効な方法は、食事療法と運動療法による生活改善と脂質降下薬による薬物療法です。

悪玉コレステロールは、運動することによって善玉コレステロールに変化する性質を持っているので、ウォーキングなどの有酸素運動を習慣付けることが予防・治療に大きな効果を期待できるのです。

また、食事でコレステロールの摂取量を抑えるだけでなくコレステロールを胆汁酸に変化させる為に欠かせないビタミンCを摂取することも重要です。

脂質降下薬での薬物療法は、遺伝的に高脂血症になりやすい家族性脂質異常症の治療において重要な選択となります。

脂質降下薬は一過性の効果しかないため長期に渡る投与が必要になりますが、家族性脂質異常症では生活改善だけでは効果が不充分になるため大事な治療法となります。

メタボの定義三大要素について、さらに詳しく読みたい