狭心症

生命活動は、心臓によって成り立っているものと言えます。 心臓が休みなく動き続けることで全身に血液が送られ、代謝活動が行なわれるからです。
しかし、心臓を動かす為に必要な血液が滞ると命に関わってきます。
心臓への血流が一時的に停止する狭心症の原因や治療について解説していきます。

胸が苦しくなる…狭心症の原因と対策

心臓の活動は生命活動そのものと言えるほどに重要なものです。
心臓が動き、血液を全身に循環させることによって細胞の新陳代謝や運動に必要なエネルギーと酸素が供給され、身体全体の機能を維持・運営しているのです。

しかし、心臓の働きを妨げる狭心症は心臓だけでなく身体全体にまで影響を及ぼしてしまうのです。

狭心症の概要

心臓は生きている間は一度たりとも休むことなく動き続けています。
心臓を構成する筋肉である心筋は、他の筋肉が比べ物にならないほど丈夫で疲れ知らずですが血液から酸素と栄養の補給を受ける必要があります。

しかし、心筋に血液を送っている冠動脈に一時的に血液が送られなくなる「虚血」が起こると、心筋の働きも連動して一時的に機能が停止してしまいます。

この心筋への血流の阻害を原因として起こるのが狭心症なのです。

狭心症の症状

狭心症の主な症状としては、「心臓を掴まれたようなキュッと来る胸の痛みの発作」があります。

これは、虚血によって活動が妨げられた心筋が再活動することによって起こる痛みでおおよそ15分前後もすれば自然に収まる性質を持っています。

胸の痛み以外の症状では動悸や不整脈、頭痛やめまいなどがあります。
狭心症の発作は、階段の昇降や歩行によって発生する労作性のものと何もしていない時でも起こる安定型があります。

発症の原因

狭心症の発症原因は、大半が動脈硬化であると結論付けられています。

動脈硬化を起こす血管内のアテロームが冠動脈に流れ込むことによって、心筋への血流が滞りやすくなるのが原因となっているのです。

つまり、動脈硬化を起こすということは狭心症がセットで付いてくるということでもあるのです。

合併症

狭心症の合併症として起こるのが「心室細動」と「心筋梗塞」です。
心室細動は心筋がけいれんを起こす心疾患で、外部からの強い衝撃などが原因となります。

心室細動はけいれんによって血液を送り出すのに充分な収縮が行えなくなっているため、早めにAEDによる除細動処置を行わないと心停止してしまいます。

心筋梗塞は、冠動脈からの血流量の低下によって心筋細胞に充分な栄養が届かなくなることで起こる心疾患です。

心筋梗塞は発展すると心不全や心破裂といった命に関わる合併症を起こすので、早期の発見と治療が欠かせません。

狭心症の治療

狭心症に対しては、冠動脈の拡張と動脈硬化の改善を目的とした薬物療法が治療の第一義となります。

動脈拡張効果のある薬剤としては、カルシウム拮抗薬や一部のβ遮断薬が処方されます。

狭心症の治療薬として、ニトログリセリンが利用されていることは良く知られていますが、最近では同一の効果を発揮する硝酸イソソルビドの処方も薦められています。

薬物療法で効果が見られない場合は、冠動脈大動脈バイパス移植手術や経皮的冠動脈形成術などの外科手術に踏み切ることもあります。