糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症

糖尿病は身近な病気であるにも関わらず、軽く見られている病気であるといえます。
適切な処置することなく症状が進めば、今までどおりの日常生活を送ることが出来なくなるほどの合併症を持っているからです。
ここでは、糖尿病性網膜症などの糖尿病からを起こる合併症について紹介していきます。

進行した糖尿病がもたらす恐ろしい症状とは

どんな病気でも適切な治療・対処をせずに放っておけば、症状が進み健康を害してしまうものです。

特に糖尿病は症状が進行すると、大変な合併症を引き起こしてしまう性質が強い病気の一つと言えます。糖尿病が進行するとどのような合併症が起こるのでしょうか。

糖尿病の合併症

糖尿病が進行すると、「糖尿病慢性期合併症」と呼ばれる合併症が発生します。

糖尿病慢性期合併症は、血糖値が高まりすぎたことによって血中濃度が飽和して結晶化した糖分によって毛細血管が閉塞することを原因としています。

閉塞した毛細血管の場所によって、様々な部位で合併症が発生するのです。

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、眼球に繋がる毛細血管が閉塞することによって起こる糖尿病の合併症です。

視力の低下やものが二重にぶれて見える、視野狭窄などを経て最終的には失明に至ります。

糖尿病による目への影響は病状が進行していなくても発生するため、糖尿病を診断されたならば眼科医による検査も早急に行う必要があります。

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害は、手足などの末梢部の感覚神経と代謝活動を司る自律神経に影響する合併症です。

自律神経への影響では下痢や便秘、インポテンツや発汗障害などが見られます。
しかし、本当に用心するべきなのは末梢部に出る感覚神経障害です。

感覚神経障害が出ると触覚や冷感・温感、痛覚などが鈍くなってしまいます。
進行すると痛みを感じなくなるだけでなく、感染症を起こしたり足の指が腐ったりしても気付かないままになってしまうことさえあります。

そのため、糖尿病が進行すると手足の切断を行わなければならないケースも少なくないのです。

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は、結晶化した糖分が腎臓の毛細血管や腎球体が閉塞して腎機能を低下させる合併症です。

糖尿病性腎症は高血圧を患っていると発病リスクが高まる性質を持っています。

症状が進むとネフローゼ症候群による食欲低下や腹水などが見られ、最終的には腎不全を起こしてしまいます。

治療法について

これらの糖尿病慢性期合併症は、初期段階での治療を怠ったことが発症の原因になっていることが多く、手遅れに近い状態です。

糖尿病性網膜症にはレーザー光凝固療法や硝子体手術で視力低下の進行を抑える方法が、糖尿病性腎症では人工透析や腎臓移植を行うことで腎機能を維持することが可能です。

しかし、糖尿病性神経障害の場合は手足が完全に腐ってしまった場合は切断に踏み切らなければならなくなります。

早期のうちから血糖値のコントロールを行い病状の進行を抑制することが、糖尿病慢性期合併症の唯一の予防法であり治療法であるといえます。

メタボが招く病気辞典について、さらに詳しく読みたい