高尿酸血症・尿酸結石

食事は身体に必要な栄養分を取り入れるために欠かすことの出来ない大事なものですが、栄養のバランスを考えなければ逆に健康を損なうことに繋がります。
生活習慣病である痛風の原因にもなる高尿酸血症は、食事のバランスの乱れから起こります。
高尿酸血症と尿酸結石について解説していきます。

タンパク質の摂りすぎが招く高尿酸血症とは

必須栄養素であるタンパク質は、筋肉や皮膚などの細胞を構成する為には無くてはならないものです。

しかし、摂取したタンパク質を身体の中で使いやすいように分解する過程で発生する尿酸が高まりすぎることは、疾患の原因となるのです。

尿酸とは?

尿酸は、タンパク質を分解してアミノ酸に変換するプリン代謝過程の最終生成物です。

プリン代謝は細胞分裂による細胞の新生と破壊にかかわり、細胞核を構成する核酸が分解されることで老廃物である尿酸が発生します。

尿酸は体外に排出する際には再合成されて尿素となり、排尿とともに排泄されます。
人間以外の生物は尿酸をアンモニアに変換して血液中で蓄積・排泄する仕組みを持っています。

尿酸値が高まりすぎると…

血液中に蓄えられていく尿酸は、プリン体代謝と排尿によって一定値を保つようにコントロールされています。

しかし、食事で多量のプリン体を摂取したりプリン体代謝が不十分であったりすると尿酸の血中濃度が標準である7.0mg/dLを大きく上回ってしまうことになります。

尿酸の血中濃度が高まりすぎると、尿酸は結晶化するようになり身体のあちこちに被害を及ぼすのです。

尿酸結石

尿酸結石は尿路結石の一種で、膀胱から尿道までの尿路に尿酸結晶の固まりが出来ることによって排尿障害を及ぼします。
尿路結石は、排尿の際に強い痛みを引き起こし尿道からの感染症の原因にもなります。
放置していれば、腎機能の弱化を招き腎不全に繋がってしまう恐れもあるのです。

痛風

生活習慣病の一つである痛風は、尿酸の結晶が神経組織や関節部に刺さることで発症します。
「風が吹き抜けるように痛い」という由来の通り、前兆なく痛みが発生するのが特徴です。
症状が進めば動くこともままならないほどの痛みを手足に発生させます。

原因は?

高尿酸血症の原因は、食事と体質にあります。
尿酸はタンパク質を使ったプリン体代謝によって発生するため、タンパク質の摂りすぎが発症に関係しています。

プリン体代謝が不十分になるレッシュ・ナイハン症候群を患っている人の場合、プリン体代謝に利用される酵素が酸化して尿酸が異常生成されてしまうことが原因になります。

また、腎不全を患っている人は、排尿による尿酸の排泄力が弱まってしまうことが原因で高尿酸血症や尿酸結石になりやすいのです。

治療について

高尿酸血症の治療に当たっては、尿酸の原料ともなるプリン体摂取を控える食事療法と薬物療法の併用が有効です。

レッシュ・ナイハン症候群などの尿酸産生亢進型の場合は尿酸合成阻害薬、尿酸排泄低下型の患者には尿酸排泄促進薬を投与します。

尿酸結石の治療には、直径1cm以下の小さいものならば自然に排出されますがそれ以上の場合は衝撃波を当てて粉砕する体外衝撃波破石術などが適用されます。